さくら日和
2009年3月2日に第1子となる女の子を出産しました。ベビ待ち~妊娠~出産~育児をつづります。
シルクステビア
プロフィール

サキマル

Author:サキマル
1975年生まれ。

2005年春結婚。
2006年6月に病院デビュー。
あらゆる検査をするもほとんど異常は見つからず。
2006年6月~2007年11月 タイミング指導+AIH2回すべて妊娠にはいたらず。
以降ずっとクリニックお休み。

鍼灸院通いを中心に体質改善を目指していたところ、2008年6月まさかの自然妊娠!
2009年3月2日に第1子となる女の子を出産。

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村

クリック募金

最近のコメント

コメントありがとう☆

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初AIH、無事終了
周期16日目 36.61℃(高温期2日目)

先週土曜日、無事にAIH受けてきました。

前日の看護師さんの説明では、「いつもの内診台でやりますから」と聞いていたのでそのつもりでいたら、実際は診察の患者さんもAIHを受ける人も多く、しかも土曜日で半ドンの日なのでAIHは別室で行われた。
なんとそこは採卵室。

妙に手術室っぽいなーと思いながら付き添ってくれた看護師さんに「ここって何をするところですか?」と聞いたら「体外受精とかやるところですよ」と。
帰りに見たら「採卵室」って書いてあった。

“いつもの内診台”と思って高をくくってた私は、手術室のような採卵室にちょっとビビリ(術着やディスポの帽子まで被せられた)、AIH終了後ストレッチャーに移され(正確にはストレッチャーには自力で横滑りしながら乗ったのだけど)、ストレッチャーでゴロゴロと回復室に運ばれ、さらに回復室のベッドへストレッチャーから移され・・・とまるでほんとに手術を受けてきたみたいな感じだった。

採卵室の台(手術台みたいな感じ)は、いつもの内診台とはまったく違っていて、硬い黒くて長い台の横に足を置く台が付いている・・・。
しかも足を乗せた後はベルトで足を固定されたもんだから恐怖倍増。(笑)
カーテンもないし、先生の様子がまる見えでちょっと恥ずかしいし。

肝心のAIH自体は、私は子宮に痛みを感じた。
生理痛のような、手の届かない場所が重くて痛い、みたいな。
子宮口をつまむ(?)器具もそれなりに痛かったけど、それは我慢できる痛みで、私は子宮の中に入ってきたカテーテルの方が痛く感じてしまった。

私が行ってるクリニックでは、エコーで排卵しそうな卵胞を確認し、右か左か、排卵しそうな卵管の入り口に向かって○~くんたちを送り込むらしい。

とにかく「あぁ、早く終わってー」とそればかり思ってた。
そして「出来ればもう受けなくて済みたいなぁ」とも。
(みんな一緒だろうけどね。)

昨日はクリニックに行き、排卵の確認。
体温が上がらなければ2回目のAIHをするので検体(○~)を持ってくるようにと言われたのだけど、月曜日の朝には低いながらも確実に体温が上がったので持って行かなかった。

結果持って行かなくて正解。
AIHのときに左に居た22.4mmの卵胞はすでにボヤボヤっとした影に変わってた。

内膜は10.4mmとあまり成長していないことがちょっと気になったけど、これもまぁ問題のない程度でしょう。


正直、AIH1回目で成功するなどと甘い考えは持っていない。
だけど、希望は持っている。
希望を持っているからステップアップをしたわけであって、過剰な期待はせずとも希望は持っておきたい。

AIHは繰り返し5~6回はチャレンジしましょう、とクリニックにもらったAIH説明書にも書いてあったけど、5~6回して必ず成功するというものでもなく、かと言って1回目で成功しないとも限らない。
確率の問題だとはよく言ったものだ。

これからの高温期は、趣味に没頭した毎日にしようと思う。
最近新しい趣味を見つけ、毎日が楽しい。
新しい趣味については気が向いたら書きます。


応援してくれたみなさま、ほんとにありがとう。
初めてのことだったからとても勇気付けられました。

スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

この記事に対するコメント

初AIHお疲れ様でした☆
手術室のような採卵室での初AIH、ドキドキでしたね~!
でも無事に終わって良かったですね^^

私も去年2回AIHを受けているけど、子宮の入り口がデコボコら
しく、金属の器具を使ってもうまく入らず、痛いわ出血はするわ、
その上完全な状態で受けることはできないわで散々でした…。
まだ2回しかやってないし、いずれ通院を再開したらAIHって話
になるのかもしれないけど、正直怖い~v-393

排卵しそうな卵管に向かって送り込むというのは、すごく丁寧でい
いなって思いました。
私が通ってるクリニックは、良く分からないけどそんなことをしてる様子はなかったし…。

AIHは、ホントに確立の問題っていう感じですよね。
いい結果になるといいですね☆
【2007/10/23 20:19】 URL | あにゃたま #fyIlrrUI [ 編集]


緊張の初AIHお疲れ様でした~。
いつもの内診台ならともかく、採卵室で行われたんですね。
初めての事なのに尚更、緊張したでしょうね。
採卵室ってやっぱりカーテンがないんですね。
私も採卵時にカーテンがなくてびっくりしたんですが、処置が始まった頃にはまどろんでいたので恥ずかしさを感じませんでした。

高温期に没頭できることがあって、あまり考え込まずに済みますね。
新しい趣味…ちょっと気になります^^;
【2007/10/24 00:41】 URL | みや #- [ 編集]

コメントありがとうございます☆
>あにゃたまさんへ
ありがとう。
採卵室は階も違うしフロア全体静かだし、雰囲気は重々しいし、結構緊張しました。^^;
でもプチ入院体験した気分です。(笑)
あにゃたまさんもAIHのとき器具がかなり痛かったと記事にされてましたよね。
カテーテルも結構痛いですよね。
私も出血しました。
多くはないけど次の日まで。
だから先生が「出血がなかったらダメ押ししといて」というアドバイスは実行できませんでした。^^;
まぁ無事終わったしよしとします。
ほんと良い結果が出るといいなぁ☆

>みやさんへ
ありがとうございます。
てっきりいつもの内診台だとばかり思ってたので、違うフロアに案内されたときには「あれ?あれれれ?」という気持ちでした。
みやさんが採卵されたときもカーテン無しでしたか。
台はどうでした?
手術台っぽかった?
カーテンが無いと先生が自分の股の間にいるのが見えて恥ずかしいですよねぇ。
趣味、気になります?
えへ。今度お話しますね~♪
【2007/10/24 11:46】 URL | サキマル #pAgQj0rU [ 編集]


おつかれさまでした。
予想外の出来事って結構びっくりしてしまうよね。
実はこっちでは普通の内診台にもカーテンついてないんだよ…
『はい、じゃあ下着脱いで台に乗って』といわれ
内診台の横で下半身裸になり、そのまま台にのぼり、すべて丸見え。
すっごく情けなかったよ。

新しい趣味、ワタシも気になります☆
【2007/10/24 16:24】 URL | nacchi #- [ 編集]

>nacchiさんへ
えっ。フィンランドではカーテンないんだ・・・。
欧米では普通のことなのかな?
下着脱いでるとき、先生や看護師さんはそこにいるの?
それは恥ずかしいねぇ。
情けない気分になるのよく分かります。
せめて脱ぐところは別のとこでしたいよね。

新しい趣味はちょっとnacchiさんも関係しているかもしれません。
ていうか影響、かな?
また今度お話します☆
【2007/10/24 17:25】 URL | サキマル #pAgQj0rU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sakimaru.blog64.fc2.com/tb.php/227-edec8673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。