さくら日和
2009年3月2日に第1子となる女の子を出産しました。ベビ待ち~妊娠~出産~育児をつづります。
シルクステビア
プロフィール

サキマル

Author:サキマル
1975年生まれ。

2005年春結婚。
2006年6月に病院デビュー。
あらゆる検査をするもほとんど異常は見つからず。
2006年6月~2007年11月 タイミング指導+AIH2回すべて妊娠にはいたらず。
以降ずっとクリニックお休み。

鍼灸院通いを中心に体質改善を目指していたところ、2008年6月まさかの自然妊娠!
2009年3月2日に第1子となる女の子を出産。

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村

クリック募金

最近のコメント

コメントありがとう☆

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低温期9日目 薬局
周期7日目 36.32℃(低温期7日目)
周期8日目 36.39℃(低温期8日目)
周期9日目 36.42℃(低温期9日目)


先週土曜日に温経湯をもらってきた。
電話で予約を入れたときには受付の人が「4週間分ですね」と言ってたのに、クリニックで処方箋を貰って薬局に持って行くと、処方箋には「2週間分」と書かれていた。

薬剤師さんに言われて気づいたのだけど、ちょっと困った。

でもそこの薬剤師さんはみんなすごく感じが良くて、前から感じ良いとは思ってたけど、今回わざわざ病院に電話をして確認を取ってくれて、4週間分の温経湯をくれた。

ここの薬局はみんな女性の薬剤師さんで、1人妊婦さんもいるのだけど、みんな親切で優しい。

おかげで助かった。

感謝。
スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

低温期6日目 お休み周期に思うこと
周期4日目 36.44℃(低温期4日目)
周期5日目 36.43℃(低温期5日目)
周期6日目 36.47℃(低温期6日目)


生理も今日で終わりかな。
今回の生理ではほとんどを布ナプキンで過ごした。
さすがに多い日の外出先では使い捨てを使ったけど、それ以外は布ナプで過ごしたのでとっても快適だった。
洗濯の仕方にも慣れてきたし、今度は手作り布ナプに挑戦してみたいな♪


今はお休み周期としている。
どんなに妊娠したくても夫が不在では妊娠のしようがない。
まぁ凍結精子でAIHということも一時は考えたけど、結局夫の不在の2周期はお休み周期とすることにした。

ひとたび子作りをし始めると、お休み周期を持つことは結構勇気が要ること。
どうしても「1周期も無駄にしたくない!」と思ってしまう。
でも、ずっと突っ走ってきた私には、このお休み期間は大切なのかもしれないと思えてきたのだ。

基礎体温をつけ始め、排卵検査薬を使用し、マカを飲み、葉酸を含むビタミン剤を飲み、病院でさまざまな検査を受け、漢方を処方してもらって飲み、デュファストンも服用した。

でもここ数周期の私は、排卵が遅くなり、高温期が14日間続かなくなっている。
今やってることが果たして正しいかどうかも分からない。

だったら、休んでみよう、と。

でも何を休む?

まずは通院を休む。
マカを飲むのをやめた。
葉酸を含むビタミン剤も(錠剤がでかくて飲みづらいので)やめた。

でも基礎体温はちゃんとつけておこう。

後は・・・
漢方はどうしよう。

あと1週間ほどで今飲んでる「温経湯」が切れる。
どうしよう。
クリニックに貰いに行くか?
それとも漢方もお休みするか・・・?

漢方は「飲み続けること」が大切だと言う。
ここでやめてみるのも良かったけど、悩んだ結果結局飲み続けることにした。

漢方だけで、体の様子を見てみようと思う。
もちろんお休み周期だし、タイミングもまったく取れないので妊娠することは絶対にないのだけど、基礎体温を参考にしながら、漢方だけ飲んでるときの排卵と高温相、月経の様子を2周期見てみようと思う。

何かが見えてくるかな?

ということで明日はクリニックに漢方の処方だけしてもらいに行くことに。
帰りに大好きなケーキ屋さんにでも寄って美味しいケーキを買ってこよう♪



テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

低温期3日目 ひとりぼっち
周期32日目 36.48℃(高温期13日目)※リセット直前
周期1日目 36.34℃(低温期1日目)リセット&生理痛
周期2日目 36.21℃(低温期2日目)
周期3日目 36.41℃(低温期3日目)


前回の記事で良い感じに体温復活したその翌日・・・
体温がビックリするぐらい下がって、翌日見事にリセット。

しかも、今回はデュファストンを服用していたせいか、1日目の生理痛がひどかった。
もともと私は生理痛が軽い方なのだけど、今回はつらくてついに鎮痛剤を飲んだほど。
薬で無理をさせたかな?と思うと、もうあんまり薬には頼りたくないなぁと思ってしまう。

それに、高温期大して続かなかったし。
果たして意味あったのか・・・?

残念だったけど、週末はアキとの時間を大切にすることに専念した。

そして昨日、ついにアキは出発した。
成田まで見送って、出発口で手を振って、搭乗するまでアキと電話で話をしてると、やっぱり涙が出てきちゃった。

たった2ヶ月と思う人もいるかもしれない。
でもやっぱり私はアキと離れることがこんなにも苦しい。
アキの帰ってこないこの家がこんなにも寂しい。
やっぱりついていけば良かったな。
次にもし同じようなことがあったら、もうついていこう。
仕事も辞めて。
私にはアキが必要なんだ。

アキを見送って電車で帰ってるときに、実家の父に無事にアキが出発したよってことをメールした。

するとすぐに返事が帰ってきて、

大丈夫か?寂しかったら電話しろよ。
母さんと動物たち(犬4匹と猫1匹)連れてそっちに行くからな。


電車の中だったのに涙が止まらなかった。
父の優しさに。

こういうときに優しくされると余計に涙が出てきてちょっと困る。
嬉しかったけど。

夜、1人でご飯食べてるとアキのお母さんから電話がかかってきた。

大丈夫?泣いてない?
ひとりは寂しいから、お友達や妹さんに遊びに来てもらったら?


涙声の鼻声を、花粉症のせいと誤魔化すのに苦労した。

私の周りはそういう優しさで包まれてるんだなぁと感じた一日だった。


昨日寝る前にアキから電話があった。
乗り換え先のシカゴからだった。
それからまた国内線を乗り継いで現地に向かうとのこと。
ほんの1~2分だったけど、声を聞いて安心してゆっくり眠れた。

今日の夕方にはTV電話を1時間ほどした。
回線速度が遅いみたいでなかなか音声がきれいに聞こえなかったけど、アキの顔を見て話せてすごくほっとした。

これから2ヶ月、頑張るぞぉ!

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

高温期12日目 記録のみ
周期31日目 36.91℃(高温期12日目)温経湯1包×3回  胸の張り

デュファストンの作用か、胸が痛い・・・。
いつも高温期の後半に痛くはなるのだけど、薬で黄体ホルモンを補充したせいなのかな、筋肉痛のような痛さ。

週末終わったら答えも出てるかな。

週末終わったらアキも出発だ。。。



テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

高温期11日目 デュファストン終了
周期29日目 36.84℃(高温期10日目)デュファストン1錠×3回、温経湯1包×3回  胸の張り
周期30日目 36.83℃(高温期11日目)デュファストン1錠×3回、温経湯1包×3回  胸の張り


今日の夕食後でデュファストンを飲み終えた。
体温は相変わらずイマイチなのだけど、もうこの際気にしないことにした。
皆様に励ましてもらい、随分気分が楽になった。

大切なのは体温の“高さ”ではなくて、“長さ”なんだよね~。
なんつって。

みなさん、ありがと~!



テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

高温期9日目 
周期23日目 36.85℃(高温期4日目)デュファストン1錠×3回、温経湯1包×3回
周期24日目 36.91℃(高温期5日目)デュファストン1錠×3回、温経湯1包×3回
周期25日目 36.83℃(高温期6日目)デュファストン1錠×3回、温経湯1包×3回
周期26日目 36.73℃(高温期7日目)デュファストン1錠×3回、温経湯1包×3回
周期27日目 36.76℃(高温期8日目)デュファストン1錠×3回、温経湯1包×3回
周期28日目 36.85℃(高温期9日目)デュファストン1錠×3回、温経湯1包×3回  胸の張り


高温期7日目。
着床時期かどうかドキドキしてた朝、体温ガックーン
たまたまその日寒かっただけかも、なんて暖冬を無視した思い込みも、翌朝の36.76℃を見てまた凹んじゃった。

高温期中盤に36.7℃台まで下がるなんて今までほとんどなかったのに!
まさかリセット直前!?と不安になっちゃった。
せっかくデュファストン飲んでるのに、逆に黄体機能悪くなってんじゃないの!?って誰かに文句言いたくなった。

まぁ、今朝はまた少し戻ってたけど、やっぱり高温期の体温が全体的に低くなった気がする。
少し前までは高温期中盤は36.9℃台が当たり前だったのにな。

低温期の体温が少し高くなったのに、高温期の体温が底上げされるわけではないみたい。


さて、夫の出張が来週に迫ってきた。
この三連休は、現地気温マイナス10℃ということを聞いて慌てて暖かい上着と手袋と分厚い靴下を買ったりした。
まだギリギリで冬物が安く売られてたので助かった!
先々週くらいだったらもっと色々選べただろうにな。

夫の国外免許証も取りに行った。

Webカメラをもう一台買って、夫のノートパソコンといつも家で使ってるデスクトップパソコンにmsnメッセンジャーを入れてテレビ電話を使える状態に。

刻一刻と夫の出発が近づいてくる・・・。
寂しさに負けそうで不安だけど、それを夫に悟られると夫が心配してしまうので出来るだけ明るく振舞ってるけど、やっぱり出発の日は切ないだろうなぁ。。。




テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

高温期3日目 そば茶
周期21日目 36.80℃(高温期2日目) デュファストン1錠×3回、温経湯1包×3回
周期22日目 36.81℃(高温期3日目) デュファストン1錠×3回、温経湯1包×3回


昨日からデュファストンを飲み始めた。
せっかく飲むのだからブログにも記載。
ついでにずーっと飲んでる温経湯も一緒にメモすることに。


最近はまってるのがそば茶。

ちょっと前に駅の自販機でたまたま買ったそば茶がとっても美味しかったので、スーパーのお茶売り場で探してみると、あったあった!
ティーバッグタイプとかもあったけど、ティーポットで入れるので粒タイプ(?)を購入。

早速家でそば茶を淹れ、夫と飲んでみた。

おいしい~!

夫も私も大満足。

そしてふと思う。

そば茶って健康に良さそうじゃない?(おそっ)

すぐに夫にネット検索をしてもらったら、本当に体に良いことが判明。
詳しいことは忘れたけど(ぉぃぉぃ)、抗酸化作用があってビタミンEが豊富。
女性に嬉しいお茶なんだそうな。

しかも美味しいならいいよね。

今までコーヒーか紅茶を1日1回は飲んでたけど、今はそば茶にスイッチ。

ただ、そばアレルギーの人は飲まないように、ね。

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

高温期1日目 夫の出張
周期17日目 36.53℃(低温期17日目) LHサージ(排卵検査薬くっきり陽性)
周期18日目 36.39℃(低温期18日目)
周期19日目 36.55℃(低温期19日目)

周期20日目 36.70℃(高温期1日目) 頭痛

やーっと高温期突入。
今周期は排卵が私にしてはかなり遅め。
夏ごろは周期13日目に排卵してしまって、「早い」と嘆いていたのに。
それにしても今周期のこの長さは、基礎体温を測り始めて一番になりそうだ。

先日処方されたデュファストンは、明日から飲み始めることになる。
忘れないようにしなくちゃ。


夫の出張が決まった。
2月17日から約2ヶ月。

下旬という予定を聞いていただけに、すごくショックだった。
だって、もう来週末なんだもん。

2ヶ月も離れるなんて。
しかも海外。
会いたくてもすぐに会いにいける距離じゃない。
時差だって大きい。
電話もなかなか出来ないだろうな。

夫は「一緒に行こう」と言ってくれるけど、実際問題、それは出来ない。
私の仕事がまずネック。
年度末の忙しい時期に仕事をほっぽりだして行くわけにはいかない。
それに実際ついて行ったとしても、都会ならともかく、結構田舎町に夫が仕事に行ってる間は昼間私一人で過ごすことになる。
家を借りて住むならまだしも、ホテルに2ヶ月も滞在するのは金銭的にも厳しい。

私は日本で、二人の家で、夫の無事の帰宅を待つしかない。

考えたら涙が出そうになっちゃうけど、我慢しなくちゃ。

一人の間は長らく休んでる料理教室に行ったり、都内の親戚の家に泊まりに行ったりして過ごそうと思う。

出張の多い夫の、2週間程度の不在には慣れたけど、やっぱり1ヶ月を超えて、しかも海外となると気持ち的に全然違う。

つらいのはお互い様なので、夫が気持ちよく出かけられるよう私は出発の準備を手伝おうと思う。

何も望まない。
ただただ夫が無事に笑顔で帰ってきてくれることを願うのみ。

(あ、赤ちゃん来てくれるともっと最高です。




テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

低温期16日目 デュファストンを処方された
周期14日目 36.42℃(低温期14日目)
周期15日目 36.34℃(低温期15日目)
周期16日目 36.48℃(低温期16日目)


まだまだ低温期~。

周期14日目の月曜日、病院に行ってきた。
まずは基礎体温表を見て先生が「あれ?ひょっとしてもう体温上がってきてる?」と言った。
おそらく12日目の36.12℃前後を見て言ってる様子。

「たぶん、その時寒い状態で寝てたので低かったんだと思います。」
と言うと「あぁ、たしかにまだみたいだねぇ。」と先生。

そして前周期高温期が12日しか続かなかったことを伝えると、

「確かに今までの感じから行くと短いね。でも高温相の基準は12日~14日前後だから、問題ないと思うよ。」

そして内診へ。。。

今回は右の卵巣みたい。
でも卵胞はまだ16mm弱で内膜も6mmと薄い状態。
先生の見解では「あと3~4日てところ」だそう。

その後診察室へ戻り、先生とお話。

「LHの検査もまだまだ陰性だから、排卵はもう数日後のようだね。明後日くらいから自宅でLHの検査してみてください。」

「う~ん。今回からホルモンのお薬飲んでみます?ずっと同じこと繰り返しててもなんだしねぇ。今回はこのデュファストンというお薬を高温相に入って2日目から飲んでみてください。この薬は黄体ホルモンを補充する役目をするもので、着床を助けます。でも体温を上げる作用はないからね。」


ということで、その日はいつもの温経湯1か月分と、デュファストンを10日分処方されました。


タイミング療法9回目となる私の治療履歴を見て、先生がついにAIHを本格的に勧めてきた。
まぁ私もこのままじゃいけないんじゃないかって思えてきたし、看護師さんからAIHについて説明を受けることに。

次周期(下手するとそのまた次の周期も)は夫の出張でタイミングが取れないということ。
夫がAIHに積極的ではないこと。

を話し、結局家に帰って夫と話し合うことに。

看護師さんは「うまくいけば今周期からAIHできるかも」と言ってたけど、私はそのつもりはなかった。

家に帰って夫と話し合った結果、

今周期は初のお薬開始ということもあるし、それで授かればいうことないから、今周期は自然で行こう。
んで夫の出張中はお休みして、夫が出張から帰ってきたら、AIHを真剣に考えていこう。


ということになりました。

以前あんなにAIHに対して違和感を抱いていた夫も、少しずつ理解を示し始めたみたい。
今回はすんなりと「そうだね。そうしようか。」と言ってくれた。
夫も赤ちゃんを心待ちにしてるんだなぁと思うと切なくなった。
けど、同時に嬉しくもあった。


さて、今回初めて漢方以外の薬を処方された。
なんか、「治療開始」って感じ?^^;
もう半年以上病院通ってるのに、タイミングと検査だけで治療らしい治療はなかったように感じてたから、今更ながら「治療が始まった」という気がしてならない。
上手くお薬が効いて良い結果に結びつくといいなぁ。

余談だけど、院外の処方箋薬局で薬を受け取るとき、渡してくれた薬剤師さんのお腹が大きかった。
皮肉にも思える状況だけど、私は「お☆妊婦さんだ。どうかあやかれますように。」と願いながら薬を受け取って帰った。


テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。