さくら日和
2009年3月2日に第1子となる女の子を出産しました。ベビ待ち~妊娠~出産~育児をつづります。
シルクステビア
プロフィール

サキマル

Author:サキマル
1975年生まれ。

2005年春結婚。
2006年6月に病院デビュー。
あらゆる検査をするもほとんど異常は見つからず。
2006年6月~2007年11月 タイミング指導+AIH2回すべて妊娠にはいたらず。
以降ずっとクリニックお休み。

鍼灸院通いを中心に体質改善を目指していたところ、2008年6月まさかの自然妊娠!
2009年3月2日に第1子となる女の子を出産。

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村

クリック募金

最近のコメント

コメントありがとう☆

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高温期?15日目 リセット間近
周期31日目 36.45℃(高温期?15日目)

ここまで体温が下がってきたのに、まだ出血がない。
来るならさっさと来て欲しいのに。
でもリセットすることは確実なので、今日はちゃんと準備して寝なきゃね。

次の周期はタイミングが合いそうもないのでお休みになる・・・と以前書いたけど、なんとか年始に夫が休めそうでタイミングは取れそうになった。

でも二人とも帰省してると思うけど・・・
どうにかなるか。
おそらくどちらかの実家にいるはずなので排卵検査薬はせずに基礎体温とオリモノの状態のみで排卵日を見極めなきゃね。
まぁ最近は排卵日とオリモノの関係が大分掴めてきたので、そんなに間を空けなければ大丈夫かもしれない。

がんばってみます。

昨日「世界まる見え」で生命の誕生を実際の映像とCGで再現された胎内を見るコーナーがあってて、つい録画してしまった。
そして赤ちゃんが誕生した瞬間、なぜか涙が出てしまった。

少し前まではテレビで妊娠や出産の映像が出てても直視できなかった私が居たけど、最近では食い入るように見つめそして一緒に誕生の瞬間を喜んでる自分が居ることに気づいた。

他人の出産で涙が出ちゃう私は、自分の出産になったらどうなるのかしら?
なんて妊娠もしてない今頃から思ってしまう。

でも早くそうなりたいな。

来年はきっとそうなりますように。
(厄年なんか気にしません。笑)
スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

高温期14日目 やっぱり下がったよ
周期30日目 36.72℃(高温期14日目)

はぁ~
やっぱり今回もダメか~。

がっくり。
でも涙が出るほど悲しいとかいう感情はない。

それよりも「私ってば本当にこのままずっと出来ないんじゃないの?」と思えてきてしまった。
そう考え出すと不安になってくる。
このままずっと出口の見えないトンネルをさ迷い歩いて、結局出口はありませんでしたってなるなんて、いーやーだー。



今朝、検温直後に体温計の電池が切れた。
測りなおししたくても出来なかった。
見事に下がった最初の体温はきっちり測れてるのにさ。

そういえば私の使ってるウーマンドシー。
ちょうど1年くらいかしら。
まぁ良い区切りになるかな。
ちょうど1年。
ちょうど周期の最終日。

明日からはまた気持ちも新たに。

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

高温期13日目 いよいよ高温期終盤
周期27日目 36.95℃(高温期11日目)
周期28日目 36.85℃(高温期12日目)
周期29日目 36.86℃(高温期13日目)


11日目の36.95℃以外、ずーっと同じような体温。
グラフにするとずっと横ばい。
妊娠するとよく見られるという、あの噂の二段階上昇なんかどこにも見られない、私のグラフ

どちらにしろ明日には分かると思うので、気にし過ぎないようにして過ごそうっと。


昨日は夫とディズニーシーに行ってきた。
天気が良かったということ、クリスマスイベント開催中ということ、土曜日ということがあって、ものすごい人だった。
今までで一番多いと感じた日だった。

でもクリスマスイベントはやっぱり見る価値がある!!
特にブラヴィッシーモの後、メディテレニアンハーバーであるキャンドルライト・リフレクションズは必見!
美しい光と音楽でクリスマスツリーの点灯式をキャラクターたちが行う、とてもキレイなショー。
感動!

これから行かれる方はこのショーだけは見逃すことなかれ!

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

高温期10日目 上がりきらないなぁ
周期24日目 36.85℃(高温期8日目)
周期25日目 36.83℃(高温期9日目)
周期26日目 36.85℃(高温期10日目)


相変わらずの体温。
ていうか、ずーっとこんな感じ。
全然上がらん!
今までは大体高温期10日目11日目がピークだったのに、今周期はずーっと上がりきらないイマイチな高温。
つまんない。。。

何かが足りない・・・。
分かってる。
きっと運動だ。
仕事中は8割が椅子に座ってるし、通勤距離もものすごく近いくせに自転車通勤しちゃってるし。
1回やったピラティスもそれっきりだし。

いかん。
心を入れ替えねば!
年末年始にかけて太ること必至だから、体を絞ることも考えなきゃ。
体も絞って血流も良くなって、あわよくば赤ちゃんを・・・。

そして今日も帰宅後お茶のお供にロールパンを一個ペロリ



[READ MORE...]

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

高温期7日目 内膜の厚さ
周期21日目 36.74℃(高温期5日目)
周期22日目 36.81℃(高温期6日目)
周期23日目 36.81℃(高温期7日目)


パッとしない体温・・・。
もう高温期前半が終わったというのにね。

さて、先週土曜日に行ってきた病院でのこと。

先生にまず「前回から排卵が遅くなってるみたいで・・・。」と言うと、「あ、そうだね。でもタイミングは良いよ。」と言ってもらえた。
「んじゃ排卵してるかどうかと内膜診ましょうか。」ということで内診室へ。

「今回は右だね。」と先生。
排卵してからもう5日も経ってたのにまだ分かるのね、排卵後の卵巣って。
黄体化ってヤツかしら?

んで次に内膜。

「10.8mm。問題ないね。」と先生。
でも私は・・・
『ん?10mm程度って、いつも排卵前の内膜の厚さじゃないっけ?あんまり分厚くなってないんじゃない???』
と心の中で疑問符ばかり。

でも先生が問題ないって言うからいいか。

その後診察室に戻ると先生が
「うーん。前に一度高温期中のホルモン検査をして問題なかったけど、もう一度しとこうか。プロゲストロンを調べて、少し低かったら次回から黄体ホルモンを補充しましょう。」

先生がそんなこと言い出すなんてやっぱり内膜が薄めだったのかしら?
なんて悶々としながら帰ってきてしまった。

先生は問題ないって言うけど、正常の範囲内ってだけで、低めなんじゃ・・・と超不安。

まぁ次周期からはどうなるか決まるわけで・・・って!!次って夫の出張でタイミング取れないんじゃん。
てことはホルモン補充する意味もない、か。
まぁ今回リセットしてから考えようっと。
検査結果も次のときで良いって言われたし。
ホルモン補充するならするで、何か改善されるのなら嬉しいし。

そこで質問デス。
黄体期の内膜ってどのくらいの厚さがベストなの?


テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。