さくら日和
2009年3月2日に第1子となる女の子を出産しました。ベビ待ち~妊娠~出産~育児をつづります。
シルクステビア
プロフィール

サキマル

Author:サキマル
1975年生まれ。

2005年春結婚。
2006年6月に病院デビュー。
あらゆる検査をするもほとんど異常は見つからず。
2006年6月~2007年11月 タイミング指導+AIH2回すべて妊娠にはいたらず。
以降ずっとクリニックお休み。

鍼灸院通いを中心に体質改善を目指していたところ、2008年6月まさかの自然妊娠!
2009年3月2日に第1子となる女の子を出産。

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村

クリック募金

最近のコメント

コメントありがとう☆

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のサクラの様子
いやはや。
時間というものはあっという間に過ぎてしまいますね。
前回の記事から三週間近く経ってしまいました。
サクラももうすぐ8ヶ月になっちゃいます。

ずーっと書きたかったサクラのことを簡単にまとめます。


○6・7ヶ月検診を受けました。

かれこれ二週間ほど前になりますが。
体重 6880g
身長 69.5cm

体重が軽くて身長が高めなのでカウプ指数とやらが15を切って、「やせている」に丸を付けられちゃったけど、先生からは順調に増えてるからこれから体重増やそうなんて思わなくていいから、と言われました。
相変わらず人見知りが激しく先生の顔を見た瞬間ギャン泣きでした。


○ポリオワクチン接種しました。
これは2日前。
6・7ヶ月検診を受けたところと同じいつもの小児科で。
問題なく済みました。
が、やっぱり先生にギャン泣きでした。


○離乳食
2回食にしました。
量はあまり食べません。
そして毎回途中から泣き始めます。
用意したご飯の大体半分くらいしか食べません。
トータル小さじ5くらい?何が嫌なのか母にはさっぱり分かりません。
バナナが好きなようです。
ただし加熱したものに限る。
甘くなるから?
バナナパン粥なら完食します。


○ストローマグをマスターしました。

これは6ヶ月の時にすでにできるようになってたのだけど。
最近はより上手になりました。


○ハイハイはまだしません。
お座りは完璧、うつ伏せからお座りの状態にもなれます。
お座りの状態で体の向きを変えられるようになりました。
後ろに下がるズリバイを二回ほど見せてくれました。


○ビクス始めました。

近所のスポーツクラブで赤ちゃんのためのベビービクスと、お母さんのためのアフタービクスを受けるようにしました。
ベビービクスはベビーマッサージにちょっとした赤ちゃんのためのエクササイズが加わったもの。
アフタービクスはその名のとおり産後用のエアロビです。
何がいいって、赤ちゃん連れて運動ができること。
スタジオ内に座らせておいて横でエアロビやるから安心。
それにいろんな月齢の赤ちゃんを見てサクラにとっても良い刺激になってるみたい。
私も良い汗かいてます。


○便秘になりました。

生まれてから1日4~5回はしてたし、長い下痢にも悩んでた時期もあったサクラですが、ここ最近は便秘気味です。
離乳食にたんぱく質を取り入れるようになったころから便がぼた餅状になり、丸一日出ないことも。
ここ1週間ほどはほんの少量しか出ない日が続いているから心配です。



こんなところでしょうか。また思いついたら書くことにします。
いつになったら落ち着いてPCから更新できることやら…。
スポンサーサイト

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

大学病院4回目*心エコーの結果
なんだかあっという間に1週間が過ぎてしまいました。
書きたいことはたくさんあるのに…。
PCを立ち上げることすらままならなく、最近は専ら携帯に頼ってます。
今日も携帯から投稿。

さて、先週金曜日にいつもの大学病院で心臓の検診を受けてきました。

人見知りが始まったサクラは、診察前の身長体重の測定時から泣き始め、先生の診察では先生が一言声を掛けただけでギャン泣き。
エコーが始まると手足をバタつかせて大泣きして、先生も困り顔。
結局先生がどんなに努力しても心臓はちゃんと見えなくて、最終的にサクラに眠くなる薬を飲んで眠ってもらいました。
薬を飲むときも泣いて抵抗して看護師さんの姿を見ただけで泣き出す始末。(´Д`)

でもなんとか頑張って飲んでおっぱいをちょっと飲んだら眠ってしまいました。
かわいそうだったけど検査のため。
仕方ないですね。

そしてエコーの結果は、心臓の穴は3mm弱。
穴としては小さい方で、生まれてからその後大きくなっておらず、手術の必要はないとのこと。

良かった~。
ホッとしました。

ただ、小さな穴なら自然に閉じることも多いこの病気ですが、サクラの場合、その傾向が見られないとのこと。
穴はおそらくこのままのようです。
自然治癒を期待してたのでちょっとショックだったけど、先生からは「日常生活に支障はありません。特別に気を付けなければいけないこともありません。普通と一緒。」と言われて安心しました。

次回は3ヶ月後の来年1月です。


生後2日目にして病気が判明したときは娘に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになって涙が止まらなかったこともあったけど、大事に至らなくて本当に良かったです。
もちろん、最初に手術が必要かもしれないと言われた時はその覚悟はしてたけど、手術も投薬も、ないならないほうがいい。
何より本人につらい思いをさせたくないって親ならみんな持つ気持ちですよね。

こんな感じで、サクラの心臓に関しては一応の結果が出ました。

まだ穴は開いてるので、定期的に病院通いをしなければいけないけど、心が軽くなりました。



テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。