さくら日和
2009年3月2日に第1子となる女の子を出産しました。ベビ待ち~妊娠~出産~育児をつづります。
シルクステビア
プロフィール

サキマル

Author:サキマル
1975年生まれ。

2005年春結婚。
2006年6月に病院デビュー。
あらゆる検査をするもほとんど異常は見つからず。
2006年6月~2007年11月 タイミング指導+AIH2回すべて妊娠にはいたらず。
以降ずっとクリニックお休み。

鍼灸院通いを中心に体質改善を目指していたところ、2008年6月まさかの自然妊娠!
2009年3月2日に第1子となる女の子を出産。

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村

クリック募金

最近のコメント

コメントありがとう☆

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もげそうに痛い
15週6日

今日で4ヶ月も終り~。
明日からは一般に言われている「安定期」とやらに入ります。

お腹は自分ではだいぶ出てきたと思ってたのだけど、会う人会う人に「え~!全然目立たない!!」とビックリされます。
そこまで毎回言われるとさすがに「だ、大丈夫なのか?この小ささで。」と不安になっちゃったり。
まぁ、たまごクラブとか見てても、お腹の大きさには個人差があるみたいだからさほど気にする必要はないのだろうけど。

さて、タイトルの「もげそうに痛い」ですが、何が痛いって、乳首ですよ、乳首。

妊娠発覚後からずーっと乳房全体が張って痛いのは今も健在なのですが、ここ数日、乳首がモーレツに痛いのです。

昨日は右の乳首。
今日は左の乳首も仲間に加わって、両乳首痛い~!

妊娠してから乳首が敏感になって、痛いとはいかないまでもあまり触れたくない状態ではあったのだけど、今ではブラが当たるのも不快なくらい痛いのです。

これも試練(?)のひとつなんですかね?

赤ちゃん生まれて、乳首痛かったら、授乳が大変だろうな~ってしみじみ思ってしまった。

乳首のケアってどうするの?



スポンサーサイト

テーマ:妊娠4ヶ月~7ヶ月 - ジャンル:結婚・家庭生活

実家は最高でした
15週2日

あっという間に4ヶ月も今週で終わりです。
来週からいよいよ5ヶ月。

お腹も少しずつ出てきて、妊娠線予防対策を始めてます。

8月24日に帰省し、8月31日に帰ってきました。
家族はすごく喜んでくれて、実家に滞在中は姫生活でした。
大好きなモツ鍋も食べさせてもらって、美味しかったー!

数日後夫の実家に行き、気を遣いつつものんびりさせてもらいました。
予想以上に夫の父が孫の誕生を心待ちにして、かなり浮かれてびっくり。
夫の実家にとっては初孫となるため、いろいろと分からないことが多いと言ってて、エコー写真を見せたらすごく驚いてた。
でも二人ともとても嬉しそうでよかった。

行きは飛行機(私ひとり)で、帰りは夫と新幹線。

JALのママおでかけサービスは良かったです。

最初に「スマイルサポートカウンター」により、ママお出かけサポート予約済みであることを伝えると、
・体調
・予定日

を聞かれます。
特に母子手帳の提出なんかは求められません。
そのカウンターで荷物も預けられます。

搭乗案内では優先搭乗。
でも私はスマイルサポートカウンターに行く前にチケットを自動発券機で出しちゃったため、チケットが見た目普通。
まだお腹も全然目立たないため、優先搭乗で入ろうとしたら地上職員の人に止められ、「お客様、現在優先搭乗の受付ですので、普通の方の登場はもう少し後になります。」と言われてしまいました。
「ママおでかけサービスの利用なんです。」と言うと「大変失礼いたしました!」と謝られ、すぐに通してくれたけど。

機内に入って席に着くと、客室乗務員の方がすぐに来てくれて、頼まなくても毛布をくれました。
「冷やすとよくないから」って。
そこから少し雑談をし、しばらくして他のお客さんが搭乗し終わったら、今度はパーサー自ら「サキマル様。本日はママおでかけサービスということで、よろしければこちらを・・・」と、妊娠中や子連れのお客のための機内での過ごし方が書かれた小冊子と、赤ちゃん用のおもちゃ(木製のガラガラのようなもの)をくれました。

追加料金なしで、こういうサービスをしてくれるのだから、どんどん利用しなきゃね。

到着先では、さすがに預け荷物が一番に出てくることはなかったけど、比較的最初のほうに出てきて、あまり待たずにすみましたよ。

特に妊娠初期は傍目から妊娠していることが分かりにくいため、周りも気にしてくれないのはもちろんのこと、自分でもちょっと無理しちゃうところがあると思うけど、こういうサービスを利用して、体に負担のかからないようにすることもとっても大切だと思いました。

帰りは新幹線で5時間座りっぱなし。
妊婦になった今、新幹線で5時間は辛すぎる。
次からは絶対に飛行機にしようと心に誓ったのでした。



テーマ:妊娠4ヶ月~7ヶ月 - ジャンル:結婚・家庭生活

ママおでかけサポート
12週6日

あっという間に12週も今日で終り~。

今日は頭が痛いです。
もともと片頭痛持ちだけど、頭が痛い時はコーヒーを飲んだり(なぜかコーヒーを飲むと楽になる)、ひどいときは頭痛薬を飲んでました。
だけど今はコーヒーも一応控えてるし、薬はもちろん飲めないし。
たぶん肩こりからきてると思います。
肩がカッチカチ。
湿布も貼れないし今夜夫にもんでもらうかな~。

さて、明後日から実家に帰省します。
実家家族(特に母)はものすごく楽しみにしてくれてるようで、遊びの予定をたくさん組んでるのだとか
姉が心配して「あまりにも自分中心なスケジュール立ててたから今度釘さしとくね」とメールくれました。
姉は看護師だし、自分も11歳、9歳、3歳の子持ちなので、そういう気遣いをしてくれて助かります。

夫より2日間ほど早く一人で帰るのだけど、私は飛行機で帰ります。
そこで、JALママおでかけサポートというのを利用することにしました。
妊娠中の人を、優先的に搭乗させてくれたり、預け荷物も先に出してくれたりするようです。
妊婦のひとり旅には大助かり。

乗った後、どうだったかまたレポートしたいと思います


テーマ:妊娠4ヶ月~7ヶ月 - ジャンル:結婚・家庭生活

気になる泣き声
12週4日

ここ1ヶ月くらい、社宅の向かいの棟から赤ちゃんの泣き声が聞こえる。
新生児特有の泣き声。
ミルクが欲しいのかな?おむつが気持ち悪いのかな?
ギャーッ!ギャーッ!と元気に泣いてます。
とても不機嫌そうに。

先週安静にしていた間、ずっとその声を聞いていたのだけど、ちょっと気になってきました。

だって、ずーーーーっと泣いてるんですよ。
1時間くらい泣きっぱなしとか。
夜中でも泣きっぱなし。
赤ちゃんだから夜泣きはするだろうけど、それにしても泣きすぎじゃないかな?と心配に。

まぁ、思いっきり泣かせて疲れさせてよく眠らせるっていう方針かもしれないし・・・と思ってたらつい先日ついに聞いてしまいました。

母親の

「もう!うるさいっ!!」という怒鳴り声。

「わかったからっ!」という苛々した声。


とっても心配になってきました。
育児放棄してるんじゃないだろうかとか、母親が育児ノイローゼになってるんじゃないだろうか、とか。

社宅で大きな棟がたくさん建ってるから声が反響するし、窓を開けてさらに窓際に赤ちゃんを寝かせてるみたいで、本当に泣き声が社宅中に響き渡るんです。
(社宅には何百という世帯が住んでるのに、滅多に赤ちゃんの声が聞こえることがないってことは、部屋の中のほうに赤ちゃんを寝せてればそんなに声が外に漏れることがないはず。)

これから出産・育児が待ってる私にとっては他人事には思えなくて・・・。
だからと言って赤ちゃんのいる家を特定することもできず。

ただただあの赤ちゃんの泣き声が聞こえるたびに心配している私です。



テーマ:妊娠4ヶ月~7ヶ月 - ジャンル:結婚・家庭生活

クリニック卒業
12週2日

最後のクリニックの日でした。
今日は先日の血液検査の結果を聞くのがメイン。
だけどエコーもありました

今日から経腹エコー。
赤ちゃんの座高は約6cm。
元気に手足をばたつかせて、先生からも「元気ですね」とお墨付きをいただきました。

経腹エコーだからなのか、心音も聞かせてくれました。
初めて聞く我が子の心音にちょっぴり感動。

その後血液検査結果の説明。
先日出血した時に「風疹の抗体価が高かったから」といって再検査されたのだけど、それも最近かかったものではなく、もともと持ってる抗体価だったそうで。
(そりゃそうよね。妊娠前の職場の健康診断で風疹の抗体価十分あったもん。)

その他の結果もすべて基準値。

出血も収まったので「もう仕事してもいいでしょうか」と聞いたら「いいでしょう」と許可をもらいました。
ばんざーい!
でも、無理のない範囲で勤務しようと思います。

最後に先生から「良いお産してくださいね」と言ってもらえ、『おぉ!このドライな先生がこんな嬉しいことを!』と少し驚き。
看護師さん達からも「良いお産を」と声をかけられ、受付の人からも「頑張ってくださいね」と励まされました。
そのたびに「ありがとうございました」とお礼を言ってきました。

このクリニックに通って丸2年。
3年目に入ろうとしたところでやっと卒業です。
途中さぼったり夫の出張だったり、実質1年くらいしか通ってない気がするけど、精神的にはいろいろと成長させてくれたのではないかと思います。

結果的には病院の力で妊娠に至ったわけではないけど、通った期間は決して無駄ではなかったと思ってます。

ありがとう。
がんばって良いお産したいと思います!



テーマ:妊娠4ヶ月~7ヶ月 - ジャンル:結婚・家庭生活


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。